スポンサードリンク




*****************************
Home >> 建築模型士 >> 誰も書かない、建築模型士の話
Page: 1/12   >>

誰も書かない、建築模型士の話

建築模型の仕事歴30年の管理人が、誰も書かない「建築模型士」についてご紹介したいと思います。

がくぶん、、という会社が「建築模型(住宅模型)製作講座」として宣伝しているのでご存知の方も多いと思いますが、わたしがこの通信講座を知ったのは(正確な年月はわかりませんが)、もう十何年も前の話なんですね。。。。。。

あ、、ところで突然ですが、ここでわたしが実際に作った模型をご紹介しましょう。
建築模型士
建物の種類、、、老人介護施設。
模型製作にかかった日にち、、、4日
スケール 、、1/100
模型の制作費、、、、8万円
製作方法、、、クライアントからCADデータをもらってデータを修正作業。 色をつけてプリンターで紙にプリントアウト。
壁面に貼りこみで表現。 スポンジにて植栽を表現

ここまで読んで建築模型士に興味を持った方は続きも読んでみてくださいね。
続きを読む >>
| mokomoko | - | - | pookmark | category:建築模型士
Home >> 建築模型の仕事がしたい人へ vol 1 >> 建築模型で在宅ワークへの道

建築模型で在宅ワークへの道


皆さんこんにちは。 このブログをお読みいただきありがとうございます。

今回は建築模型を仕事にしたい、または模型を通して仕事に役立てたい、、と思っている人のために、更にヒントとなることを書いていきたいと思います。 (筆者は建築模型の在宅ワーク歴25年ですが、自分の経験のもと書いています)

元々、こういうことを書こうと思ったのは、「ヤフー知恵袋」などで、「がくぶんなどの通信教育で建築模型士の資格をとれば、仕事はありますか?」という質問に対して、「建築模型の仕事なんかありません。資格商法の可能性もあるので注意してください」などと書かれたのを読んだことがきっかけです。

でもこのQ&Aだけでは、なかなかこの業界のことは見えてきませんよね。 ネットでいろいろ検索しても、「コレ、、」といった答えがなかなか見つからないので、少しでも私の経験がお役に立てればという思いで書きました。

わたしがこの二人の方にアドバイスできるとしたら、質問者に対しては、建築模型の仕事はなかなか厳しいけど、本当に好きで挑戦したいのなら私の経験を役立てていただきたいし、また、回答者に対しては、確かに仕事は少ないけど、開拓していくことが可能だと伝えたいという思いでいます。

そういうわけで、もし興味のある方は前回書いたコチラから読むことをまずお薦めします。 これから書くことはその続きになります。(この記事を読む方が模型を作ることができる、、という前提のもとで話しを進めていきます)



さて、ここでわたしが建築模型をお薦めする人は次のような方たちです。

1、建築士の方や、将来、建築や設計関係の仕事に就きたい学生さん。
建築の営業や施主との打合せなどに模型は大きな力を発揮します。 また、設計の仕事の合間にも模型で副収入を得ることができます。

2、毎月、10〜15万円くらいの収入が欲しい主婦(頑張り次第では更に大きな収入も可能)。
子どもに手がかからなくなった後、自分の技術を使って在宅ワークをしたい主婦の方。

、、などです。 

しかし中には私のように一家の長として、建築模型だけで生計を立てたい方もおられると思いますが、とても大変なので、あんまりお薦めはできませんが。(苦笑)

そんな方はまず、2くらいの収入を目指して、達成してからその後規模を拡大していくことを考えたらいいと思います。


営業の仕方

建築模型の仕事を始める時、まず最初にやることは営業ですね。 わたしも25年前に在宅ワークで独立した時はそうでした。 今では特に営業はしなくても馴染みのクライアントがいますし、時には彼らが新規顧客を紹介してくれます。

でも、最初はそのクライアントがいないので、営業をして開拓していかなくてはなりません。 その時の方法と心構えについて書きますので、ぜひ、参考になさってください。

さて営業は普通、電話でアポイントをとってから会社を訪問をします。 最初はもちろん、面識のない会社に電話をするのですが、建築模型のいいところは大抵の場合、他の業種と比べてアポイントをとりやすいようです。  というのは、競争相手が少ない(他の業種は同業者が多いので、大抵、決まった業者がいる)のと、実際に模型を外注したことがなくても、普段から興味を持っている業者が多いからです。

でも例えアポイントがとれて営業トークができたとしても、その場ですぐに仕事に結びつくことは滅多にありません。  仕事ってそんなに簡単にとれないのが普通なので、気にせずに、種まきのつもりで地道にやっていきましょう。

と言っても、営業がなかなか仕事に結びつかないとなんか自分が社会から否定されてしまった気分になって、意気消沈してしまうこともあるでしょう。

でも、そんな時に思い出してもらいたいのは、仕事に結びつかないのは、ただタイミングの問題であって、あなたが否定されているということでは決してないということです。  クライアントが模型を必要としていた時に、あなたがたまたま営業に来た、、なんてタイミングがいいことは滅多にありません。

では、なぜそのような営業を続けるのか?。

それは地道に種まきをしていけば、そのうちのごく一部が必ずいつか芽を出すからです。 すなわち、あなたと会った担当者が、いつか模型が必要になった時にあなたのことを思い出すか、、また、その人の知人が模型が必要になった時にあなたのことを思い出して紹介したい、、と思えるかが鍵なんです。

そのためにも営業後、後日改めてお礼状を送ったり、メールを送るなりして、自分の顔と名前を覚えてもらえるように努力してください。

営業ツールは名刺はもちろんですが、今までに作った模型の作品集や営業用に作った模型の実物など、、。  この程度の模型で値段はいくら、、ということを提示できるようにしましょう。


仕事をください、、よりも、、建築模型の素晴らしさを広める伝道師のつもりで

設計事務所に営業をしていて、「我が社は社内で模型を作っていますので、、、」と断れることがあると思います。  その時は駄目もとで、「模型の情報交換のために、訪問させてくださいませんか?」と頼んでみてください。 もし、OKが出たらラッキーです。 

何度か訪問して、作り方や材料などの話をしたり、忙しいときにはボランティアで手伝ったり、模型の作り方講座をしたり、、。  こういうことはお互いのためになるので、よっぽど忙しくない限り、先方も嫌だとは言わないはずです。

中には「え? 無料で教えるの?」って思う人もいるかも知れませんが、このような機会を通して、あなたが得るものはたくさんあります。

例えば、実際に作った模型を建て主に対してどういう方法でプレゼンしたのか、とか、それでどういうメリットがあったのか、、など、これからあなたが建築模型の仕事をしていくうえで、参考になる話がたくさん聞けると思いますよ。

普段、設計事務所から仕事を受注する時にはこういう話までなかなか聞く機会がないので、これらのことを知っておけば、後々、模型を受注する時に作り方や材料など、いろんな提案をすることが可能になります。

また、時には技術的に難しかったり、作る時間がない時などに仕事の受注に繋がったり、クライアントを紹介してもらう機会も増えることでしょう。

「仕事をください」、、と言う営業は相手の都合よりも、自分のことを優先するということです。 それよりも、相手の立場にたって模型の素晴らしさを分かちあえば、自然に自分が相手にとって必要な人間になることができます。


建築模型の優位性と将来性について、、自分の経験から

私は大学を卒業して一度、一般の会社に就職しました。 その後、同じ大学の先輩OBが経営していた建築模型の会社に再就職したのですが、それが昭和60年11月です。 そこで技術を学んで昭和63年2月に独立。 その後、自分で在宅ワークを始めて現在に至っています。  

さて、この会社に就職する前のこと。 将来はどの道に進むべきか迷った時期がありました。 というのは、やはり同じ大学の先輩OBが勤めている建築パースの会社にもご縁があったからです。 建築模型と建築パース、、、。将来のことを考えて、自分はどちらの道に進むべきだろうか、、。

実際、当時の仕事の様子を観察してみて感じたのは、建築パースの方が仕事量が豊富で、打合せから納品までの回転が速く、その結果、彼らは結構羽振りが良さそうに見えました。  逆に建築模型と言えば、部品も一個一個手作りで時間もかかり、その分値段も上がるのでちょっと仕事を出す方にしてみれば敷居が高いだろうな、、というイメージでした。

将来のことを考えると当然、羽振りがいい方がいい、、って思いますが、しかし私が決めたのは「建築模型」の仕事でした。  なぜかというと、ただ、「好き」だったから、、、。
ただそれだけの理由だったのですが、後になって、「建築模型を選んで良かった」とはっきり言えることが起こったのです。

それは、建築CGパースの出現と、ソフトやハードの低価格化です。  最初、CGで描かれた建築パースを見た時、誰もが目を見張りました。  というのも、建築パースは今まで手描きで描いていたのですが、それがなんと本物そっくりの写真のように見えたからです。  当時、このCGパースを描くためには、かなり高価なハードとソフトを必要としていました。(Shadeという今では10万円以下で買えるソフトが当時は4〜500万円もしたと記憶しています)  その後、次第にハードとソフトの値段も下がっていき、私が知っているパースの仕事をしていた人たちは全員筆を折って、CGに移行していきました。

しかし、せっかく苦労してパースの技術を習得して、今まで自分らしい絵を描いていたのに、ハードとソフトの値段がどんどん下がっていくし、ちょっと練習すれば、誰でもそれなり(あくまでも「それなり」です)のCGパースを描けるので、非常に多くの人たちがこの業界に参入してきました。  また、バブルも崩壊し建設業界は大不況。  設計事務所も今まで外注していたパースは社内で自分たちでこなすようになり、当然、CGパースの単価も激減。

当時、あれだけ羽振りが良かった人たちが今ではもう転職していたり、たとえ続けていたとしても、以前と比べればとんでもない低金額でやりくりして苦労されてるのを見ると、(同じように自分の技術で飯を食ってきたわたしから見ると)大変気の毒で心が痛む出来事だったのです。

それでは、建築模型は大丈夫だったのか、、、というと、やはり仕事は激減。  単価も下がりましたので、それなりの苦労はしました。  でもそれなりの苦労はしましたが、今まで辞めずに続けてこられたのはお世話になっているクライアントや同業者の存在、それからもちろん家族もそうですが、何より大きいのが、「建築模型」という職種だからなのです。

ではなぜ、建築模型だから続けて来られたのか、、、実はこの部分がこの話の肝なのですが、、

ズバリ、建築模型は誰にでも簡単に作れない、、、。

例えば、建築CGパースみたいにハードとソフトを揃えてちょっと練習すれば誰でも作れるようになるのか?。  最近はそれっぽいソフトもありますが、本格的な模型は作れません。

最近は3Dプリンターや、光造形機、レーザー加工機もあるので人の手はいらない?。  私に言わせればこれらはただの道具です。 技術と経験により、これらを駆使して模型を作れるのは今のところ人間だけなのです。

このように建築模型はその性格上、誰でも気軽に参入できないというのがメリットであり、このことが建築模型を生業としている人の価値を高めていると言えます。

この先、建築業界も益々厳しくなることが予想されるので、将来は順風満帆とは言えないかもしれません。  でも厳しいからこそ、より便利で経費節減のためのコミュニケーションツールである建築模型の素晴らしさを広める価値があるのではないかと思っています。

この仕事は苦労も多いけれど、必ず人から喜ばれる良い仕事だと信じています。 皆さんもぜひ、頑張ってください。


今回はここまでです。

次回は更に、3Dプリンター、光造形機、レーザー加工機などについて、また、BIM(ビルディングインフォメーションモデル)、同業者とのシェアなどのついても書いて行こうと思います。

長文、お読みいただきありがとうございました。 建築模型に興味ある方は資料請求などしてみてください。



JUGEMテーマ:在宅ワーク
 
| mokomoko | - | - | pookmark | category:建築模型の仕事がしたい人へ vol 1
Home >> 建築模型の実例  >> 建築模型を卒業記念品に

建築模型を卒業記念品に

卒業の時に、生徒から学校へ記念品を寄贈することって多いですよね。
例えばよくあるものとして、記念植樹、記念碑、時計、体育館ステージの緞帳、楽器、展示ケース、いろいろな備品、などなど、、、。
その寄贈品を「学校の校舎の模型」にしようという話がありまして、、、。

建築模型を卒業記念に??、、、って、わたしもそんな物件を受注したことがないものですから、最初は戸惑ってしまったのですが、実際に製作してみたら、なかなか良い経験をさせていただいたので今回ご紹介したいと思います。


さて、、、ある日、、。
このブログを読んだ、高校の学年理事のYさんという方から電話がありました。 このブログには私の電話番号もメールアドレスも載せていないので最初はびっくりしたのですが、話を聞いてみると、あちこちリンクを辿ってやっと連絡先を見つけたとのこと。

私としてはブログに連絡先を載せていないのは、手持ちの仕事だけで精一杯だからなのです。 そういうわけで、ネット経由のお話は大抵お断りさせていただいているのですが、Yさんが私のこのブログを読んで、、(私の建築模型という仕事に対する気持ちのことですが)、、、、「あなたでないとダメなんです」、、、と言われたのです。

う〜ん、、、そう言われてしまうと単純な私はちょっと嬉しくなって(笑)現地に行ったり、資料を見たりと、いろいろ検討を始めたのでした。

結果、明らかになったこと。
〇予算は卒業生200人×一人5,000円
〇模型の設置場所の広さから見て、模型の映える大きさは1350ミリ×1350ミリ
〇地盤の高低差が大きい。 新校舎はCADデータがあるが、ほとんどの古い校舎はあまり図面が揃っていない。敷地の正確な形状さえ資料が乏しい。
etc、、、、、

普通こういう物件を受ける場合、資料集めや整理など、実際に建築模型を作る以外の「目に見えない作業」に予算が取られてしまって、結局、肝心の製作を簡略化しないといけなくなることが多いのです。 、、なので、今回はいろいろ考えて以下のように製作することにしました。

〇卒業生が最も思い入れのある新校舎に力を入れて、他の旧校舎は雰囲気で作る。
⇒ 旧校舎は元々資料が乏しいので、正確さよりも雰囲気を大切に作る。 これが施主が建築会社や設計事務所だと、正確さも求められるので結構大変なのです。 

〇製作期間は約1年間。模型が実際に必要なのは卒業式当日のお披露目なので、製作期間はたっぷりある。
⇒ 実際に受注した理由はこれが一番大きかったと思います。 普段の仕事は限られた納期に間に合わせないといけないので、結構バタバタとなってしまいます。 その点、ゆったりと落ち着いて作ることができました。 

、、というわけで、以下がその写真です。(クリックで拡大します)
校舎模型01
校門部分です。
校舎模型02
校門から新校舎まで一直線。 春は桜並木が素晴らしいとのこと。
校舎模型05
新校舎の裏の桜の大木とツツジ。 季節は違いますが、模型を華やかにしたかったので、何でもアリです。笑
校舎模型03
校舎模型04
校舎模型06
模型納品時に撮った写真なので、右奥に模型用のアクリルカバーが見えます。
校舎模型07

いよいよ卒業式の日、、、、卒業生、その父兄、教職員に模型のお披露目です。
Yさんが写メで送ってくれました。。

↓模型が見えないほどの人だかり、、、。皆さん、本当に喜んでくださったみたいで、私も嬉しく思います。
校舎模型08

さて、今回の物件が終わって思ったことですが、、、。

〇建築模型って、例えばスタディ模型はいつかは廃棄される運命だし、マンション模型もマンションが完売すれば廃棄処分。
完成模型でも、自分の目の届かないところに行ってしまうことが多いので(例えば社長室、、とか)、再び自分が作った模型と出会う機会ってあまりありません。 でも、今回の卒業記念としてならいつまでも自分の目の届くところに残るので、作る側としては喜びがあります。 (定期的に見に行ってメンテしようと思います)

〇建築模型は室内に展示するものなので、長年に渡って残すことができます。 例えば外部の記念品は風雨に晒されますし、時計や備品も使用していればいつかは壊れてしまいます。  また、建築模型は卒業生以外の在校生、教職員、学校にとっても特別な存在であり、これを囲んでいろんなコミュニケーションが生まれます。  特に、今回の模型は事務室の前のスペースに置いてあるので、必ず来客の目に留まるし、そこからいろんな会話が始まります。 実際に学年主任の先生からのハガキには、「学校のプラモデルを作って良かった」、、と書かれていました。  いや、、、プラモデルではなくて、建築模型w

時と共に古い校舎は建て替えられ、学校の校舎も変わっていきますが、模型はいつまでも変わりません。 何十年か後に当時の卒業生が母校を訪問した時、、、、模型を見れば、懐かしい校舎がそこにあるのは何よりの喜びではないでしょうか。

本当は、200人の卒業生全員に人形を渡し、それぞれ好きなように色を塗って自分にみたてて、模型の中の好きな場所に配置してもらったらまた思い出感も盛り上がる、、、と思ったのですが、、なんせ進学校ということで季節的にそれどころではなかった、、ってのがちょっと残念です。

学校の名前は、、久留米大学附設中学校・高等学校です。

、、というわけで、これからもまた機会があれば、学校の模型も作っていきたい、、、と思うようになりました。。。

建築模型は素晴らしいコミュニケーションツールです。
興味がある方は無料資料など取り寄せてみてください。
 
 
JUGEMテーマ:在宅ワーク
| mokomoko | - | - | pookmark | category:建築模型の実例 

管理人について

はじめまして。 九州は福岡近郊で建築模型を作っています。 会社で技術を学んで3年。 その後独立して在宅ワーク歴27年。 今、振り返れば、さまざまな出来事があり、多くの困難や喜びも経験してきました。 このブログはそんな建築模型を仕事にしたいと思っている若者や建築家に、模型を通して、何かを感じてほしいという思いで書き綴ったものです。
※記事、写真の転載はご遠慮ください。このブログはリンクフリーです

家づくりに失敗したくない方へ【家づくりの小冊子】無料お取り寄せ!

Category

Entry

Link

ブログランキングに登録しています

 

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加










Search

お勧め書籍

模型究極ガイド プロの技を親切丁寧に紹介。月刊誌ですが永久保存版の価値があります。(DVD付) 
実際にわたしも買って参考にしてますが、お勧めです。コチラで詳しく紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
建築知識 2007年 12月号 [雑誌]特集:プロが教える至高のテクニック!模型究極ガイド[オールカラー写真帖+DVDビデオ]建築知識 2007年 12月号 [雑誌]特集:プロが教える至高のテクニック!模型究極ガイド[オールカラー写真帖+DVDビデオ]

by G-Tools


紙で作る住宅模型―在宅仕事の本「家が仕事場」紙で作る住宅模型―在宅仕事の本「家が仕事場」
小川 俊彦

by G-Tools

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode